病院案内 動物健康基礎情報 診療日記
その他のお知らせ 創傷治療 徒然なるままに
掲示板 リンク集 お問い合せ
病院案内

「エル・ファーロ」はスペイン語で「灯台」という意味。
病を抱えた動物たちの「希望の光」となるように・・・
「治療」という海の中で道に迷った飼い主達の「道標」となるように・・・
混乱した「獣医療」を正しい方向へ導くように・・・
そんな想いを込めて、Clinica Animal El Faro動物病院エル・ファーロ
という病院名を付けました。

【 動物病院エル・ファーロ/Clinica Animal El Faro 】
〒146-0092 東京都大田区下丸子2-19-10
◆TEL 03-5732-2600 FAX 03-5732-2626
メール: elfaro@spa.nifty.com
診療時間 9:00〜12:00 & 16:00〜19:00
日曜日は午前中9:00〜12:00(午後休診)
休診日 火曜 & 祝日
◆その他の休診日のお知らせはこちらでご確認ください。
【 設備紹介 】
内視鏡(胃カメラ)
コンピュータX線撮影装置(FCR)
◆ 血液検査機器
◆レントゲン撮影機
超音波診断装置
◆入院室:犬用入院室と猫用入院室は別々になっています
◆処置室
◆他

 

◎下の[]内をクリックすると病院施設の写真を御覧いただけます。
 
【スタッフ紹介】

山本 剛和(院長)

1995年3月、日本獣医畜産大学(現日本獣医生命科学大学)獣医畜産学部 獣医学科を卒業。卒業後は都内・近郊の動物病院で勤務医を経験、その後、日本獣医畜産大学附属家畜病院(現動物医療センター)で「研修生」を1年半経験。Animal Wellness Center(東京都西東京市)の院長を経た後、2005年2月、東京都大田区にて動物病院エル・ファーロを開設。

<院長の主な執筆活動などはこちら>

かるび&はらみ

【特別外来(専門診療)のご案内】 

◆当院では専門医による超音波検査および循環器科(心臓病)特別診療を実施しております。特別診療は完全予約制です。まず通常の診察を受けていただき、必要に応じて診察予約を入れて頂きますので、ご希望の方はスタッフまでお申し出下さい。

診断医;名輪 裕生;獣医診断支援サービス:VDSS(Veterinary Diagnosis Support Survice)
日本動物高度医療センター内科・臨床検査科勤務医'07-,同非常勤勤務医'09-/日本獣医生命科学大学付属動物病院研修医'97-'03/動物ウェルネスセンター常勤勤務医'03-06/VDSS獣医診断支援サービス'06-/日本獣医がん学会/日本循環器学会/日本獣医神経病学会



《院長の主な執筆活動など》

◎「電気メスの基礎知識と基本的な使い方」:伴侶動物診療指針Vol.7:監修:石田卓夫(日本臨床獣医学フォーラム代表)緑書房チクサン出版)2016年9月

◎「犬と猫の皮膚再建術と創傷管理」:編著JOLLE KIRPENSTEIJN/GERT ter HAAR:翻訳 山本剛和:緑書房:2014年9月発行

◎「縫合糸と縫合糸肉芽腫についての今日の所見」:伴侶動物診療指針Vol.4:監修:石田卓夫(日本臨床獣医学フォーラム代表)緑書房チクサン出版)2013年9月

◎「包帯法の基礎と応用」:伴侶動物診療指針Vol.3:監修:石田卓夫(日本臨床獣医学フォーラム代表)緑書房チクサン出版)2012年9月

◎「32.褥瘡(床ずれ)の管理」:伴侶動物治療指針vol.2:監修:石田卓夫(日本臨床獣医学フォーラム代表)緑書房チクサン出版

◎「術創の管理〜一次縫合創のドレッシング管理」:クリニックノート(インターズー) 2011年1月号(No.66)

◎「VACによる創傷治療 -適応と治療機転」監訳:山本、翻訳:小見尚子:J-VET 2010年8月号インターズー

◎「皮膚欠損層の外科的閉鎖法」:伴侶動物治療指針vol.1:監修:石田卓夫(日本臨床獣医学フォーラム代表)緑書房チクサン出版

◎「創傷管理に適した包帯法について知りたい」:新・今さら聞けないシリーズ 第26回:動物看護師専門雑誌「as」2010年7月号

◎「創傷治療の基本と最前線」:勤務獣医師のための臨床テクニック:監修:石田卓夫(日本臨床獣医学フォーラム代表) 緑書房チクサン出版

◎「創傷の治癒とドレッシング材による管理法」小動物内科専門誌「Journal of Small Animal Medicine」2009年6月号(No.61)(インターズー

◎「目からウロコの創傷治療」:NJK〔日本獣医師回覧板〕2008年1月〜2009年7月まで隔月連載

◎「『床ずれ』の管理方法」:新・今さら聞けないシリーズ:動物看護士専門雑誌「as」(インターズー)2007年11月号

◎「動物看護師のための創傷治療」:動物病院ナースのための臨床テクニック:監修:石田卓夫(日本臨床獣医学フォーラム代表) 緑書房チクサン出版

◎「静脈栄養(高カロリー輸液):使用,適応,調合」「静脈栄養(高カロリー輸液):処方,モニタリング,合併症」 監訳 J-VET 2007年8月号 No.245 (インターズー

◎「耳をどう管理するか; 『よくある外耳炎』の対処法」:InfoVets. MAY.2007 Vol.10 No.4(アニマルメディア社)

◎「創傷管理の新たな常識〜Moist Wound Healingと皮膚欠損創の閉鎖方法について」 Companion Animal Practice 2007年3月号 No.213 (チクサン出版

◎「中心静脈の確保」小動物外科専門誌「Technical Magazine of Veterinary Surgeons」2006年9−10月号(インターズー

◎「動物病院 実践エマージェンシー講座:BOOK of Practical Emergency Care and Treatment」:asムック (インターズー) 2006年11月1日発売

◎「特集 老齢の犬を診る『老齢犬の褥創(床ずれ)管理について』」:クリニックノート(インターズー) 2006年10月号

◎「縫合糸肉芽腫と対処法」:InfoVets. JUN.2006 Vol.9 No.5(アニマルメディア社)

◎「犬と猫の中毒 主な対応法と基礎知識」:動物看護士専門雑誌「as」(インターズー)2006年5月号

◎「特集:新たな創傷治療の考え方『ドレッシング材を使用した犬の創傷治療』」:InfoVets. FEB.2006 Vol.9 No.1(アニマルメディア社)

◎「ドレッシング材を使用した新しい創傷管理(3)」:小動物外科専門誌「Technical Magazine of Veterinary Surgeons」2006年1−2月号(インターズー
◎「ドレッシング材を使用した新しい創傷管理(2)」:小動物外科専門誌「Technical Magazine of Veterinary Surgeons」2005年11−12月号(インターズー
◎「ドレッシング材を使用した新しい創傷管理(1)」:小動物外科専門誌「Technical Magazine of Veterinary Surgeons」2005年9−10月号(インターズー

◎「静脈栄養(高カロリー輸液)」:小動物内科専門誌「Journal of Small Animal Medicine」2005年8−9月号(インターズー

◎「院内感染対策 滅菌・消毒のすべて」:動物看護士専門雑誌「as」(インターズー)2005年3月号

◎「創傷治療のための新しいドレッシング材」:小動物臨床(山水書房) 2003年11月号〜

◎「実践エマージェンシー講座」:動物看護士専門雑誌「as」(インターズー) 2003年4月号〜2004年10月号まで連載

◎その他専門書翻訳など


病院案内 | 動物の健康に関する基本情報 | 診療日記 | その他のお知らせ | 創傷治療について I 徒然なるままに I LINKS
(c)2005 Clinica Animal El Faro., All Rights Reserved.