◆FCR;デジタルX線画像診断装置◆

 デジタルX線(レントゲン)画像診断装置を導入いたしました。専用のイメージングプレートにレントゲン撮影したものをデジタルで読み取り、コンピュータで画像処理した画像をモニタで見ることができます。画像の拡大や縮小、強調画像、白黒反転画像など色々な画像処理をすることで、従来のレントゲンでは見え難かった病変や異常がより見易くなります。レントゲンを見慣れない方にも、わかりやすい画像をご覧頂くことが可能になります。
また、撮影した画像のデータ管理も非常にしやすく、以前に撮影したレントゲン画像との比較を簡単に行うことが出来ます。撮影した画像をCDなどのメディアに出力することも可能なので、大学病院や二次診療施設へのご紹介の際にも非常に便利です。従来のレントゲンのように現像液やフィルムなどを使用しないため、環境への負荷も少なくて済みます。

Clinica Animal El Faro

CLOSE