■■「血液型番組」に抗議殺到


mainichi-msn<http://www.mainichi-msn.co.jp/geinou/tv/news/20041127k0000e040065000c.html>

<以下引用>

血液型番組:
「性格決めつけ」視聴者から抗議相次ぐ


 血液型による性格判断を扱うテレビ番組が、今春から増えている。特定の血液型を「いい加減な性格の持ち主」「二重人格」などと決めつける内容が目立ち、NHKと民放が設立した第三者機関「放送倫理・番組向上機構(BPO)」には、視聴者から「子供が血液型でいじめを受けた」「一方的な決め付けで不快」などの抗議が4月以降、50件以上寄せられた。このためBPOの青少年委員会は番組内容などを検討し、「科学的根拠があるかのような体裁で問題がある」などと判断、近く民放各社に対し、番組制作にあたり慎重な対応を、と要望する。
 「決定!これが日本のベスト100」(テレビ朝日系)、「発掘!あるある大事典2」(フジテレビ系)などのバラエティが、血液型による性格判断を扱う特集を組み、確認できただけで10月に少なくとも6回あった。内容は▽嫌いな血液型、相性が悪い血液型などをランク付けする▽タレントらが「B型はいい加減」「AB型は二重人格」などと言い合う▽保育園児を血液型別に行動観察する−−などだ。
  立命館大の佐藤達哉助教授(社会心理学)によると、血液型性格判断は80年代にブームになった。学者らが「統計上の違いはわずか。科学的には何も実証されていない」などと批判し、沈静化したが、再び雑誌などが取り上げ「大衆の常識のように定着してしまった」という。
  血液型番組の差別・偏見を告発するサイトを9月に開設した岡山大の長谷川芳典教授(心理学)は「ほとんどの番組は、いい加減なデータでレッテル張りをしている。血液型という生まれつきのもので他人を判断することは不当だ」と批判している。【保泉淳子】

毎日新聞 2004年11月27日 15時00分


<コメント>

 あまり「健康」とは関係ないのですが・・・。
 昨今また流行り出しているこの「血液型による性格分類」ですが、科学的根拠を一切持たないと言う点、テレビ・マスコミ扇動によりいい加減な情報がまことしやかに、無責任に報道されている点、それを結構多くの人たちが真に受けている点は、一種の疑似科学(似非科学)と言っても良いでしょう。

 「占い」と同じで、都合のよいことだけ何となく信じたり、疑ったり、忘れたりして「適当に」冗談として取り扱うのが正しいのでしょうが、世の中には「占い」で人事や結婚相手を決めたりするヒトもいるようなので、このような血液型性格分類などという極めて非科学的ないい加減な情報を真に受けてしまうヒトは結構(私の周りにも!!)いるようです。

 お酒の席などで、「君は何型?僕は○型!」などと遊んでいるうちは罪が無いのでしょうが、幼稚園や学校のクラス分けを血液型で分類したり、会社の人事を血液型で決めたりするようになると、世も末です。実際に、小学校や中学校では、これらのマスコミ報道を真に受けてからかわれたり、落ち込んだりしている子供たちもいるようです。深刻な「イジメ」に発展しないのは、マジョリティとマイノリティの数の差が、それ程大きくないからでしょうか?日本ではAB型が少ない、と言っても、クラスには必ず何人かいるでしょうから。

 そもそも、世界中の人間の性格をたった4種類に分類する事が、おかしいのです。そんな事など、出来るわけがありません。人間の性格は非常に複雑で、「非社交的で恥ずかしがりやだけど目立ちたがり」な人もいますし、「生真面目で几帳面だけど忘れっぽい」人もいます。「明るく社交的で大雑把に見えるけど神経質」な人もいます。同一人物でも、年齢や周囲の環境により性格が変化してゆく事もありますし、その日の気分によっても変化するのが普通です。誰しも、所謂A型っぽい(と言われている)性格、B型っぽい(と言われている)性格、O型っぽい(と言われている)性格、AB型っぽい(と言われている)性格を、幾らかずつ持ち合わせているのです。

 唯一つ不思議なのは、これは私の周囲だけの現象かもしれませんが、「血液型性格分類」の話を好んでするのは何故か、A型の人が多い、という(私の個人的な友人・知人の範囲での)統計結果が出ていることです。これには何か理由があるのでしょうか??


CLOSE