■■ヨードでうがい、効果なし


Yahoo!ニュース<http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051028-00000045-kyt-l26>

《以下引用》

風邪の予防には水でうがいを ヨード液では予防効果なし

 風邪の予防には水でうがいすることが効果的であることを、京都大保健管理センターの川村孝教授(内科学・疫学)らが全国調査で確かめた。水のうがいで風邪の発症率が4割低くなったが、ヨード液のうがいには明確な予防効果はなかったという。
 18歳から65歳の男女384人を、▽1日3回以上水でうがい▽同様にヨード液でうがい▽うがいしない−の3集団に無作為で分け、冬(12月から翌年3月)に風邪をひくか調べた。うがいの効果を無作為で選んだ集団の比較で調べたのは世界で初めて。
 1カ月の発症率は、うがいをしない人の26%に対し、水うがいは17%と低く、年齢構成などを考慮して補正すると発症率はちょうど4割低く、かぜの予防効果が認められた。一方、ヨード液うがいの発症率は24%で、うがいなしと統計的に明確な違いはなかった。
 川村教授は「古くから言われてきた水うがいに予防効果が確かにあった。海外にはうがいの習慣はあまりないようだが、その予防効果を世界に発信したい」という。一方、ヨード液のうがいについて「風邪をひいたあとの消毒効果は否定していないが、予防効果が認められなかったのは意外。粘膜細胞への作用なども考えないといけないのかも知れない」という。
 また、風邪をひいた人への抗炎症薬(ロキソプロフェン)の効果も別の集団で調査。初期の重い症状を和らげる効果は認められたが、投薬しない人に比べ治癒が遅くなる傾向も見られ、「早く風邪を治したいから薬を飲み続けるのは考え直した方がいいのでは」(後藤雅史助手)という。
(京都新聞) - 10月28日19時35分更新


《コメント》

 当然と言うか、やっぱりと言うか、以前から考えていた通りの結果と言うことです。そもそも「うがい」と言う行為で水やうがい薬が届く範囲と言うのは口腔内と咽頭の一部だけであり、鼻腔には届きませんし、当然ながら気管や気管支、肺胞まで洗浄できる訳がありませんから、風邪の予防と言う意味ではあまり科学的な根拠は無いはずです。但し今回の調査結果では、「水でうがいをした場合には風邪の発症率が4割も減少した」ということですから、外出で吸い込んだ排気ガスや埃をうがいで洗い流すこと自体は、多少意味があると言う可能性があります。あるいは、水でうがいをするときには普通、必ず手を洗いますから、「手洗い」の効果で風邪を予防できたのではないか?という気もします。風邪がうつるのは基本的に接触感染ですので、予防のためには手洗いが非常に重要です。

 風邪をひいたときの抗炎症剤(消炎剤・解熱剤とも言います)により、治癒が遅れると言うのも極めて当たり前のことで、風邪をひいたときの発熱は、風邪のウイルスの増殖を抑える働きがあるので、熱を下げればウイルスは増殖しやすくなります。ウイルスが増殖し易い環境を作れば、風邪が治るのが遅れるのは当然のことです。

 風邪をひいたらしっかり休養するのが一番良いのですが、どうしても仕事を休めないときなど(私自身もそうですが)は、風邪薬に頼らざるを得ないときもあるでしょう。「どうしても今日の仕事が終わるまでは、熱を下げておきたい」と言うときには、一時的に服用するのも仕方がありませんが、しかしこれで風邪が治るわけではないですから、しっかり治るまでは注意が必要です。


CLOSE