■■にがり:過剰摂取で命の危険も…ダイエット効果なし


毎日新聞 2004年7月16日 3時00分
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/medical/news/20040716k0000m040152000c.html
 

《以下引用》

 健康食品として人気を呼んでいる「にがり」について、独立行政法人国立健康・栄養研究所(東京都新宿区)は、「にがりのダイエット効果に根拠はない」とする注意をホームページで流し始めた。にがりを多量に摂取すると下痢を起こすので体重は減るかもしれないが、一時的な水分の減少に過ぎないという。 また、にがりの過剰摂取で心肺停止を起こし救命救急センターに搬送されるケースもあった。にがりは海水を濃縮して塩を除いた残留物で、塩化マグネシウムが主成分。豆腐を作る凝固剤として使われている。 同研究所によると、塩化マグネシウムに「糖の吸収を遅らせる」「脂肪の吸収をブロックする」などのダイエット効果があるという情報が目立っている。しかし、確実な根拠はないという。 同研究所の梅垣敬三健康影響評価研究室長は「減量効果がないからといって量を増やして飲むと危険だ。利用目的や摂取量には十分注意してほしい」と訴えている。 また、東京都立墨東病院救命救急センター(墨田区)には、昨年暮れ以降、急性マグネシウム中毒による心肺停止などの患者が2人、搬送された。70代男性は便秘改善の目的で家族から少量のにがり摂取を勧められたが、ペットボトル容器に入っていたため約100ミリリットルを誤って飲んだという。40代女性もペットボトルの半分近くを一気に飲み、心停止寸前で搬送された。いずれも人工透析などで一命をとりとめた。浜辺祐一救命救急センター部長は「ごく少量を飲むにがりを、ペットボトルのような容器に入れることは適切ではない」と話している。
(平成16年7月16日 毎日新聞)

《コメント》

 にがりを適量飲んでも死ぬことは無いが、過剰に摂取すると心肺停止を起こす危険性があるという記事です。「過剰摂取」とは言え、ペットボトルに入った「にがり」を誤って一気に100ml程度飲んだだけで、マグネシウム中毒で「心肺停止」というのはかなり怖いですね。十分に「毒物」と言えるでしょう。しかし、本来「数滴」服用すべきものを、100mlも一気に飲んでしまったのか、そこが不思議な点でした。そしてつい先日、近所のドラッグストアの「健康食品」の棚に並んでいる「にがり」を見て、「あぁ、これは飲んでしまうかもしれない」と思ったのでした。まるで「お茶」や「ミネラルウォーター」と見分けが付かないような、普通のペットボトルに入っているのです(初めて知りました)。今(少し前?)はやりの「海底深層水」だと言われれば、そう思ってしまうようなパッケージ。あれは間違えて風呂上りにでも一気飲みしてしまう人がいたとしても、不思議ではないな、と思ったのでした。

 ところで、マスコミなどでは散々「健康に良い」とか「痩せる」とか、はたまた「花粉症が治る」などという”怪しい”情報で持て囃されていた「にがり」ですが、実のところどうなんでしょうか?

 毎度お世話になっている「国立健康・栄養研究所」では、「にがり」に対してこんな注意を喚起しています。予想通りというか、「痩せる」という効果には何の科学的根拠もデータもない、ということでした。もしあるとすれば、下痢による脱水で体重が一時的に減少するだけのようです。これは「サウナで痩せる」というのと同じ発想です。「サウナ」も、脱水による体重減少が主な効果ではないかと思います。


CLOSE